B'z -THE CIRCLE OF Brother 1000-
LIVE-GYM 2005『CIRCLE OF ROCK』連動企画。TAKUがアコギを持って全ライブ会場を制覇! 夢は1000人のBrotherに会い、BIGな"CIRCLE"を創ること!

■HOT INFO■
***B'z LIVE-GYM 2006スケジュール確定!!***
詳細はB'z LIVE-GYM 2006 スケジュールを見るべし。
各ライブ(コンサート)会場へのリンクや開演/開場時間も入れました♪
第一希望は奄美文化センター(奄美大島)でしたが、
見事外れて札幌ドームです。でも奄美にも行くのでヨロシク。
B'z LIVE-GYM 2006 第一希望ランキングなんて作ったのでどうぞ♪

***全国制覇達成***
運命の2005/9/19。4月の釧路から始まった41公演目の
大阪ドーム千秋楽を終え、全国制覇達成!!
皆さん今までご声援ARIGATOございました。
これからもランキングへの応援お願い致しますm(__)m

■更新履歴■
3/30 全国制覇総括の大忘年会レポ執筆完了!
3/20 話題沸騰、B'z LIVE-GYM2006のチケット予約システムを考える
2/3 世界一マズイジンギスカンキャラメルはいかが?思い出の地北海道で発見。
11/12 BeZERO Extra LIVE大波乱のTAKUステージ裏大公開中
9/23 稲葉バースディーパーティーレポ9/23分まで完了

北海道
青森
秋田 岩手
山形 宮城
石川 富山 新潟 福島
長崎 佐賀 福岡 山口 島根 鳥取 兵庫 福井 滋賀 岐阜 長野 群馬 栃木 茨城
熊本 大分 広島 岡山 大阪 京都 山梨 埼玉 千葉
鹿児島 宮崎 和歌山 奈良 三重 愛知 静岡 神奈川 東京
愛媛 香川
沖縄 高知 徳島
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | - | - | ▲サイトトップ
BeZERO主催 生オケオフ'04(レポ)
2004年11月20日 (土) 14:05 | 編集
行ってきました生オケオフ。

----------------
Be-ZERO主催 生バンドカラオケオフ'04
『やっぱりあなたも稲葉さん!?』

●月日:11月20日(土)
●時間:14:00 Open 14:30 Start(予定)
●場所:『IMU』小田急線向ヶ丘遊園駅北口徒歩5分
http://homepage2.nifty.com/IMU/
044-934-1606
●参加費:未定 (通常のオフ会と変わらない程度を予定しています)

なお、事前の歌い手さんエントリーも募集しています。締切まで
募集期間は短いですし、人数も少なめになる予定ですが、ご応募
お待ちしてます。

詳しくは下記のHPをどうぞ。
http://www.bezero.jp/~kohki/liveinfo/
----------------


最近活動怪しいですが、俺は曲りなりにもBeZEROの正式メンバー。
「TAKUさんならアコギで登場するんじゃ?」
と思う人もいたと思うけど、色んな事情があって観客としての参加でした。
生オケオフ自体も初参加だったります。

実は、生オケに行く前から不安に思っていた事があった。


それは時間。

事前にアップされている
『当日のタイムテーブル(予定)』
を眺めて唖然とした。

===================================
13:00  開場

13:30  第一部開演
15:00  第一部終演

 ↓  休憩

15:20  第二部開演
16:50  第二部終演

 ↓  休憩

17:20  第三部開演
18:50  第三部終演、生オケ終演
===================================

13~19時の6時間にも及ぶカラオケ大会なのだ。

通常のカラオケオフでも、5時間が相場。
自分で歌う時もあれば、半分はギターを弾いて楽しんでいる。
大好きな事だからとても楽しい。

しかし、今回はあくまで観客としての参加だ。
B'zもカラオケもバンドも大好きだ。

でも、今回は生バンドのカラオケを聴くだけ。
歌うのは素人がほとんど。

=「受身的に素人のカラオケを6時間も聴く」事になる。
俺には苦痛じゃないか?

それに、お客さんは満足してくれるのだろうか?
いや、満足してくれるからこそ、生オケの歴史がある。

期待と不安を抱えながらの参加だった。

開演数分後に『IMU』に到着。
迎えてくれたのは、かつて「愛内里菜」を共にした、
とても趣味の合うさやかちゃん(謎)

中に入ると、思った以上にアットホームな雰囲気に心安らぐのだった。
通常のライブハウスば、なんだか冷たい空気が流れ、
初心者を突き放した感じがする。
皆が注目するのは、あくまでステージを演出するバンドで、
周りの人達には興味がない。交流はあまりない。(と思う)

しかし、生オケの会場は違った。
いきなりTNDで会ったメンバーが笑顔で挨拶してくれた。
皆来てくれたんだ! 素直に嬉しい。

少し歩くとあれ? ここにもあそこにも知り合いがいるじゃないか!!

中でも驚いたのがエリーさん。
彼女の方から声をかけてくれた。

時は遡って1997/10/17。
当時まだ大学生だった俺が、始めてオフに参加した。
その時に出会った、記念すべきBrotherの一人だ。

同じB'zファンと言えど、結婚したり仕事が変わったり、
7年という長い月日の中で、音沙汰なく、
会えなくなったB'zファンは数知れず。

そんな中での久々の再会に感動した。

今をときめくBeZEROの名物ベーシスト、
組長とは、その時のオフレポを読んでちゃちゃを入れてきたのが
きかけで知り合った。

#って組長とお話しなかったような (^^;
さりげなくパンフに書いてあった「大塚愛」の話をしかったのに(謎)
趣味が合いますね。

----------
通常のライブとは違う、アットホームな雰囲気で生オケは進行してゆく。

俺はあえて、最初は第三者的な視点で、隅から会場の風景を見守っていた。

そこには笑顔があった。皆凄く楽しそうだ。

冷静な自分の心にも、幸せな空気が流れるのが分かった。
と同時に、演奏者でない自分にもどかしさを感じる。

「くっ…くそぅ!」

おざの野郎「TIME」のアルペジオ弾いて超目立ってるじゃないか!


ガーン。Cメロもエレキで弾いてるのか?!
そこに俺が居れば…くぅぅぅぅ。
...
「Calling」もアコギのクリーンなカッティングサウンド
があればもっと面白いだろうに。

でもそれ以降はノリの良いバンドサウンド中心の流れに。
俺の有耶無耶な気分は吹き飛ぶ。

と同時に自然と体もノってくる。

ステージには曲度に違うボーカリストが立つ。
彼は、彼女はどんな歌を聴かせてくれるのだろう?
という期待が高まる。

BeZEROバンドのメンバーも変わる。
さっきまでギターを弾いていた人が今度は観客席に居る。
一緒に盛り上がったり、ギターどうでした?
みたいに苦笑いを浮かべたり。
でっかい組長がバーボン片手に歩いていたり。

そこには、親近感で溢れた空間があった。

また、隣の友人(B'zバンドのKey経験者)が
「BeZEROバンドの演奏レベルがとても高い」と驚いていた。

BeZEROとは何だろう? と振り返る。
(↑正確にはBe-ZERO)

オフィシャルのFAQより
-----
これは、B'zメーリングリスト(B'z-ML)という、
ファンが集まっている比較的大きなメーリングリストの中で、
「バンドやってみたいね」という人たちが結成したグループです。
Be-ZERO自体は、一つのバンドを指す名称ではなく、
いくつかのバンドから成り立っているバンド集団です。
サークルのようなもの、というと分りやすいかもしれません。
1998年終わりの時点で、参加者は約40名弱で、
ライブの時にはだいたい20数名が演奏者として参加しています。
-----

初めてバンドを組む人も居~長年のキャリアを積んだプロ領域の凄腕
まで様々なメンバーが入り乱れる。

今回の生オケオフのバンドメンバーは、その中から有志が集まった。
名前を見る限り、数多くのステージをこなした*熟練プレイヤーがほとんど。
カラオケオフや宴会、警備員に怒られたライブ会場での路上ライブなど、
すちゃらかギタリストレベルの俺なんぞ足元にも及ばない。

---
*熟練=別の意味で『BeZERO危機一髪! 高齢化現象』とも呼ぶ(爆)

それが原因で、某プロデューサによって鮮烈なる華やかなステージを飾った
きわどい衣装の5人組の女の子集団「5-5-Girls」がなくなったのは記憶に新しい。
---

おっと脱線しそうになった。

「レベルが高いという言葉にも納得」なのだ。

こんな素晴らしい生バンドの演奏をバックに、
稲葉さんになりきってステージで熱唱する事ができるなんて。

出演者にとっては最高の幸せだと思う。

演奏は進む。
注目すべきはVoや楽器だけではない。

コーラスだ。
やはりみやぁ~さんは只者ではない!
俺の場合、コーラスを意識して音楽を聞く事が多いので、
その上手さが際立つ。
久々に綺麗で心地の良い歌声をに聴けて幸せだった。
…音大の声楽科出身でしたっけ?

あれ? よく見ると今度は男性がコーラスをやってるじゃないか!
しかも、Voの稲葉さんの音域より遥か上の音程で
楽勝でハモっている。しかも、澄んでいる。
BeZEROにこれほど凄い男性コーラスが居たとは!
ざわんさん、一体何者なんですか?

Voでは、TNDで出会ったひろさんが凄かった。
自分の中では、今回の生オケNo1!!

オフの時から並々ならぬ歌唱力&音楽的センスを感じていたのだが、
今回のステージでも爆発してくれた。

なっなんなんだあの「FIREBALL」は。

簡単に書くと、とにかくめちゃめちゃ上手って事。
明らかに一般人レベルは超えてます。
超越してます。

さらにギターやブルースハープもふけちゃうマルチな方なので恐るべし。

途中、バリバリにスーツを着こなした、仕事帰りのサラリーマン風
の男性が入ってきた。何かの営業だろうか?
と思ったら観客だった。

しかし、このサラリーマンが生オケ第二部で大旋風を巻き起こす!

「ultra soul」

とぎれる事のない声量に、安定した音域。確かな歌唱力。
凄すぎる!!!!
完璧だった。恐るべき歌声だった。

あのスーツの中には鍛えぬかれた体が眠っていて、
効果的な複式呼吸を行っているのだろう。

何者だったんだろうか。。
是非ともお友達になりたいので、連絡先教えて下さい。

あぁ…でも普通の観客として行った俺じゃ意味不明だろうなぁ。
是非ともわが社のオフにでも誘って下さい>孝紀さん

-----
こんな感じで

生バンドカラオケオフ'04
『やっぱりあなたも稲葉さん!?』

は「驚き」と「驚き」と「驚き」、
「感動」と「楽しさ」の連続だった。
当初懸念していた時間の長さも全く感じられなかった。

始終、とても楽しかった。
参加して本当に良かったと思う。

それは、バンドメンバーの努力があったからこそだ。

素晴らしいステージを有難う。
そして、お疲れ様でした!
(特に主催&演奏をマルチにこなした孝紀さん)
B'zオフ | コメント (0) | トラックバック (0) | ▲サイトトップ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する - スパム対策としてURL(http://)は投稿できません)
URL:
コメント:
Password:
秘密鍵: TAKUだけにヒミツの文章を送る(↓注意)
メルアドを入れて頂けないと返信できません!!
私は文章を読むことしかできず、返信したくてもできません(TT)
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. / template: himeco
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。