B'z -THE CIRCLE OF Brother 1000-
LIVE-GYM 2005『CIRCLE OF ROCK』連動企画。TAKUがアコギを持って全ライブ会場を制覇! 夢は1000人のBrotherに会い、BIGな"CIRCLE"を創ること!

■HOT INFO■
***B'z LIVE-GYM 2006スケジュール確定!!***
詳細はB'z LIVE-GYM 2006 スケジュールを見るべし。
各ライブ(コンサート)会場へのリンクや開演/開場時間も入れました♪
第一希望は奄美文化センター(奄美大島)でしたが、
見事外れて札幌ドームです。でも奄美にも行くのでヨロシク。
B'z LIVE-GYM 2006 第一希望ランキングなんて作ったのでどうぞ♪

***全国制覇達成***
運命の2005/9/19。4月の釧路から始まった41公演目の
大阪ドーム千秋楽を終え、全国制覇達成!!
皆さん今までご声援ARIGATOございました。
これからもランキングへの応援お願い致しますm(__)m

■更新履歴■
3/30 全国制覇総括の大忘年会レポ執筆完了!
3/20 話題沸騰、B'z LIVE-GYM2006のチケット予約システムを考える
2/3 世界一マズイジンギスカンキャラメルはいかが?思い出の地北海道で発見。
11/12 BeZERO Extra LIVE大波乱のTAKUステージ裏大公開中
9/23 稲葉バースディーパーティーレポ9/23分まで完了

北海道
青森
秋田 岩手
山形 宮城
石川 富山 新潟 福島
長崎 佐賀 福岡 山口 島根 鳥取 兵庫 福井 滋賀 岐阜 長野 群馬 栃木 茨城
熊本 大分 広島 岡山 大阪 京都 山梨 埼玉 千葉
鹿児島 宮崎 和歌山 奈良 三重 愛知 静岡 神奈川 東京
愛媛 香川
沖縄 高知 徳島
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | - | - | ▲サイトトップ
祖父葬儀・告別式
2007年11月11日 (日) 23:59 | 編集
11/10(日)。
我が祖父の葬儀・告別式が草加市内の斎場にてしめやかに営まれた。





その模様は叔父さんのブログにも掲載されているので心して読んで欲しい。

涙なしには見ることのできない、ブログ業界初!!
喪主著の写真付き葬儀レポートである。

●ジムオーナーのパンプアップ日記『絶対にあきらめない!』
2007年11月11日:大役を終えて



----------
祖父は半生、



保護司(ほごし)として身を粉にして社会貢献を果たした。

罪を犯した者と対等に向かい合うという特殊な『責』故、身に危険が及ぶ事もあったと言う。
(中には新聞に載るような元凶悪犯罪者も居るのだから…)

バッグが家から消え、カードと財布だけが抜き取られ、
近くのドブ川に投げ捨てられていたなんて事も日常的だった…。
(これは確か喪主の叔父さんのだったような…)

それでも祖父は、自分を犠牲にして活動を続ける。


平成二年、長年の更生保護事業が評価され、国より「藍綬褒章」(らんじゅほうしょう)授与。



平成九年、「勲五等」(くんごとう)授与。




保護司会の会長を退いた後も、元気に後世を送っていた。

しかし、去年祖母が他界してからは急変した。
自宅で寝たきりとなり、ただただ天井と祖母の写真を眺めるだけだった…。

痴呆も急激に進む…。

必死の介護の狭間で入退院を繰り返す日々。

最後は肺炎を悪化させ、病院のベッドで祖母の後を追うようにしてこの世を去った。



享年83才。


戒名:耕雲院蟠龍春帆居士
(かいみょう:こううんいん ばんりゅう しゅんぱん こじ)




ライブドアのホリエモン、村上ファンド、NOVAの猿橋元社長が
自らの欲望を極限まで追及する金の亡者と仮定するならば、
祖父の『志(こころざし)』は、それと全くの対を成す物だったと言えよう。


あまりにも偉大すぎ、今の自分では到底追いつけない超越した存在。


しかし、同じ血を引継ぎし孫として誇りに想うと同時に、
実直な人生を歩んで行こうと思う。


祖父よ、今まで有難う。そしてお疲れ様!!

今日からは祖母と仲良く暮らしながらも、私達を見守っていて下さい。。

P.S.
通夜当日の夜は孫一同で火葬場に宿泊でしたが、
不可解な事は一切起こらず、不思議とぐっすり眠る事ができました。
日記 | コメント (9) | トラックバック (0) | ▲サイトトップ
コメント
この記事へのコメント
ビーバーさんのblog拝見致しました。ほんとに涙http://blog6.fc2.com/image/icon/i/F9D3.gif" alt="" width="12" height="12" class="emoji">涙無くしては見れませんでした……てhttp://blog6.fc2.com/image/icon/i/F9AB.gif" alt="" width="12" height="12" class="emoji">http://blog6.fc2.com/image/icon/i/F9AB.gif" alt="" width="12" height="12" class="emoji">
緊張の面持ちで覗かせて頂きましたら……あらっhttp://blog6.fc2.com/image/icon/i/F9C7.gif" alt="" width="12" height="12" class="emoji">。さすがご立派な御祖父様のご親族の方々ですね!!
でも皆様が元気に過ごされることで御祖父様も安心して御祖母様の元へ旅立てますね。
2007/11/12(月) 18:39:48 | URL | とも #/p9uaISg[編集]
胸が詰まる想いで読ませて頂きました。
生前のご活躍は本当にすばらしいね。
なかなかできることじゃないよね。
きっと、今頃は天国でお婆さまとのんびりと安らかに過ごされていることと思います。
TAKUさんも落ち込まずに元気だしてね!!

最後にご冥福をお祈り申し上げます。
2007/11/12(月) 21:29:19 | URL | そら #-[編集]
お疲れ様でした
保護司をされてたんですね。なかなか出来る事では無いです。無償だったというのは今初めて知りました。

保護司の存在を知ったのは中学生の時でしたが、四六時中身の危険を心配しないといけないその職に、「どうしてその人は引き受けたのだろう」ってずっと不思議に思っていました。
又ご家族の人にとっても、大きな不安がずっとのしかかっていたに違いありません。

おじい様、お婆様もやっと肩の荷が下りてほっとされてる事でしょう。
お二人揃って、これからは安らかにお眠り下さいませ。
今まで社会に貢献されて、本当にお疲れ様でした。
2007/11/12(月) 22:48:06 | URL | あかねちん #L8AeYI2M[編集]
他人の為に生きられた、立派なお爺様だったんですね。そんなお仕事は中々出来るものじゃないですからね。きっと今頃はお婆様との再会を喜んで、にこにこ笑っていらっしゃることでしょう。

TAKUさんも大変でしたね。お爺様とお婆様が揃って見守ってらっしゃるでしょうから、TAKUさんらしく頑張っていってくださいね!
2007/11/12(月) 23:10:33 | URL | まる #-[編集]
素晴らしい方だったんですね
自分を犠牲にして
そんなお仕事を続けられる方なんて
そうそう居ないと思います
ご冥福をお祈りいたします
天国でも幸せで
いらっしゃるでしょうね
2007/11/13(火) 19:05:05 | URL | ゆき #-[編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007/11/14(水) 07:51:12 | | #[編集]
>とも
私もアレにはやられました。まさかそっちの方向でくるなんて!!
でもずっと悲しんでられないし、祖父にとっても
皆の明るい笑顔が一番だったと思います。祖父も安心なはず。
という訳で全くシンパイナイモンダイナイ。

>そら
胸が詰まる…喪主ブログは「あれ?」だったと思いますが、
まぁそれは置いておいてと。。
小さい頃は何をやってるか分らない祖父だったのですが、
今になってすごいなぁと実感してます。
今頃は祖母と元気にやっている事でしょう。

>あかねちん
保護司についての認識を更に深めて頂けただけでも
このブログに書いた甲斐がありました。
窃盗はもちろん、殴られたり…最悪は刺されたりも
あるのですから、常に危険と隣り合わせだったはず。
それと対等に接し、更生させたのは並の人間ではできないでしょう。
今でも祖父を慕って手紙が届いたり、尋ねてくる方も多いです。
天から

>まる
ある意味スーパーじぃちゃんでした。
祖母が亡くなってからは本当に元気がなくなってしまったので、
いかに祖母を頼りにしていて、大好きだったのかが分ります。
今はきっと幸せです。はぃ、これからは祖父のような人間目指して頑張ります!!

>ゆき
素晴らしい&…実は変った人だったよ!!
言ってる事の半分は理解できなかった。。
でも頭の中では凄い事を考えてたのかな。
天国ではうん、絶対に幸せさ。
いや、実はあっちでも保護司や相談役やってて
多忙を極めてたりして。。
2007/11/14(水) 14:09:31 | URL | TAKU #PaK5/ZHM[編集]
ごぶさたしています。
色々とあったようで、お疲れ様でした。
生まれながらに、人は運命を背負ってくるそうです。
それをそのまま進むか、変えるかも自分次第。
お爺様はきっとまっすぐ進み、まっとうされたんだと思います。
ビーバーさんの日記も拝見いたしました。
悲しむことなく、皆さんが笑顔で送り出された事で故人もきっと
明るく晴れやかな気持ちで昇天されたでしょう。
多くの人に囲まれ、慕われ、愛される。
お爺様とTAKUさん、きっと同じ道の上にいるのかもしれませんね。
故人は1人でも、たくさんの方のそばに付くことができ
見守ることができるそうです。
お爺様も、おばあ様もTAKUさんの傍にいて見守ってくれていますよ。
ご冥福をお祈りいたします。
2007/11/15(木) 02:22:15 | URL | みどり #-[編集]
>みどりさん
有難うございます。
ビーバー日記は身内ごとながら思わず吹いてしまいましたが、
悲しい時こそ明るさが大切ですよね!!
なる程…自分と祖父。振り返ると、まだ若くかなり曲がった路線ではありますが、
同じような道を歩んでいるかもしれない、と思いました。
私の両親と同じように、とても仲の良い理想の夫婦でもあったので
今は2人で見守ってくれていると信じています。
2007/11/16(金) 01:36:53 | URL | TAKU #PaK5/ZHM[編集]
コメントを投稿する - スパム対策としてURL(http://)は投稿できません)
URL:
コメント:
Password:
秘密鍵: TAKUだけにヒミツの文章を送る(↓注意)
メルアドを入れて頂けないと返信できません!!
私は文章を読むことしかできず、返信したくてもできません(TT)
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. / template: himeco
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。